お茶の牧農園 ヘルプお茶の知識買い物かご店長に質問
HOME飲み茶注文贈答品注文お試しセットお茶菓子急須・茶香炉
お茶の保存方法

お茶の保存方法

ライン

コーナー コーナー
お茶は大変湿気を吸いやすく、湿度が高いとすぐにお茶の風味が落ちてしまいます。そこでお茶の保存方法について紹介をいたします。お茶の保存は難しいと思われているお客様も多いと思いますが、基本的な事を守って頂ければ、年中を通じておいしいお茶を飲むことが出来ます。

保存方法写真 ●湿気を防ぐために、当店ではすべてのお茶は真空パック詰めになっています。封を切らなければ、涼しい所に置いて頂ければ約1年間は風味を保つことが出来ます。夏の暑い時期は、冷蔵庫に入れて頂ければより鮮度を保つことが出来ます。

●封を切ってしまったら、左の写真のような茶缶に入れて保存します。封を切ってしまった茶袋は、冷蔵庫に入れますと他の食品の香りが移りますので、入れない方が良いと思います。

●もしお茶が湿気てしまった時には、お皿の上に紙をひいて、その上に薄くお茶を広げます。それを電子レンジに入れて約10〜20秒程度加熱します。一度出して、まだ湿気ているようならもう少し加熱します。これで、お茶から湿気を取ることが出来ます。

● また、フライパンを弱火の火にかけ、お茶を入れて焙ります。少し煙が出る程度焙ると、香ばしいお茶なります。しかし、以前のお茶の風味はそこなわれます。一番良いのは、封を切ったらなるべく早く飲みきってしまうことです。

 お茶の知識に戻る
コーナー コーナー

Home Copyright(c)お茶の牧農園,All Rights Reserved